ニュースカテゴリ

01/31 闘会議2015 ゲーム実況ストリート e-sports ブース レポート!

2015.02.19

01月31日(土)幕張メッセにて、闘会議2015が開催されました。JCG BF4では、その中でもゲーム実況ストリートの e-sports ブースにて、国内トップチームを招待して、エキシビションマッチを実施いたしました。

今回招待したのは、前回マスタークラスSeason 7 5on5ドミネーション優勝チーム「DetonatioN BYCM」そして、同大会3位の「MBF」。各チーム5名の選手を選抜し、オフラインでのエキシビションマッチに望みました。

両チームの出場メンバーは下記の通り。

DetonatioN BYCM

  • Akagarni
  • abitun
  • HANnyan
  • Kaku
  • Mistyshot

MBF(Modus of Battlefield)

  • 5th-Mimorin
  • EcoLiCa
  • GNX-AI
  • m1onyan
  • pokky19960207

エキシビションマッチは10時45分からの午前の部と、16時からの午後の部の、2部制で実施されました。


エキシビションマッチ午前の部

午前の部では、MBF(Modus of Battlefield)がフロント側プレイ席、DetonatioN BYCMがバックヤード側プレイ席でプレイする形です。


フロント側プレイ席 MBF(Modus of Battlefield)


バックヤードDetonatioN BYCM

エキシビションマッチはBO3(Best of 3、2本先取ルールのこと)。使用するマップはマップキックにより決定いたしました。

  1. DetonatioN BYCMキック: Golmud Railway
  2. MBFキック: Operation Locker
  3. DetonatioN BYCMキック: Lancang Dam
  4. MBFキック: Dawnbreaker
  5. DetonatioN BYCM 1マップ目: Siege of Shanghai
  6. MBF 2マップ目: Zavod 311
  7. 3マップ目: Paracel Storm

陣営はコイントスに勝利したMBFが選択権を持ちます。
試合の実況は StanSmith、解説は[MBF]montarでお送りしました。
1マップ目Siege of Shanghai では、MBFがCN側スタートを選択。前半戦、有利陣営側からのスタートとなったMBF、終盤まで接戦が続く展開。しかし8分経過したところで、DetonatioN BYCM側がロックダウンを発生させ、一気にMBF側のチケットを削りきって勝利という結果。チケット数は DetonatioN BYCMが38チケットを残して折り返しとなりました。
後半戦は撃ち合いに勝る DetonatioN BYCMが優勢を保ち、100チケットを残して勝利。
結果は 0 - 138で、DetonatioN BYCMが1マップ目を制しました。

タイムシフト>1マップ目前半
タイムシフト>1マップ目後半

続いて、2マップ目 Zavod 311での対戦。MBF側は初期陣営US側を選択。このマップを落とすと試合が決してしまう背水の陣。しかし、初動から、DetonatioN BYCMがロックダウンを発生させ、大きくチケット差をつける。そして、終始圧倒し、102チケットで前半戦を勝利。MBFも最後ロックダウンを発生させてきましたが時既に遅しといった所。
MBFが大きなビハインドを背負って望んだ後半戦。DetonatioN BYCMのチケットを57まで減らす奮闘を演じたものの前半戦のチケットを割り込み勝負あり。2マップ目も DetonatioN BYCM勝利を収める結果となりました。
結果的に、2マップ先取で午前のエキシビションマッチはDetonatioN BYCMの勝利で幕をおろしました。GG!

タイムシフト>2マップ目前半
タイムシフト>2マップ目後半

【午前の部結果】
1マップ目 Siege of Shanghai: MBF 0 – 138 DetonatioN BYCM
2マップ目 Zavod 311: MBF 0 – 159 DetonatioN BYCM


オンライン大会(1回戦)

エキシビションマッチの後は、オンライン大会が実施されました。こちらでは、7チームのオンライン参加、そして1チームのオフライン参加の合計8チームによるミニトーナメントを実施。試合の模様をブース内の実況席にてお送りするといった趣向です。

オンライン大会のトーナメント表はこちら

オフライン参加チームは、現地でメンバーを募り、抽選で選ばれた5名からなる即席のチームです。
オフライン参加チームが最初にぶつかったのはSEC9。
試合の実況は前半をStanSmith、解説hanatyanでお送りし、後半は実況StanSmith、解説[MBF]m1onyan、そして[DtN]abitunでお送りしました。

タイムシフト>オンライン大会1回戦会場 vs SEC9前半
タイムシフト>オンライン大会1回戦会場 vs SEC9後半

オフライン参加チームは残念ながら1回戦負けとなりました。


オフライン体験プレイ

その後は、オフラインで2チーム分のメンバー(10名)を募り、1ラウンド体験プレイをしていただきました。この試合の実況は[DtN]abitun、そして解説は[MBF]m1onyan。実況者としても定評のあるabitun選手に実況を披露していただきました。

タイムシフト>オフライン体験会


オンライン大会準決勝後半~決勝

さらに、オンライン大会準決勝 EZGM vs LOTVの後半戦を実況[DtN]abitun、解説[MBF]m1onyan、ロックダウン担当hanatyanでお送りしました。

タイムシフト>オンライン大会準決勝EZGM vs LOTV後半

準決勝を制したのは LOTVとJNYX。
従って、オンライン大会決勝はLOTV vs JNYXという対戦カード。
実況はStanSmith、解説は[MBF]EcoLiCa、[MBF]m1onyanでお送りしました。

タイムシフト>オンライン大会決勝 LOTV vs JNYX前半
タイムシフト>オンライン大会決勝 LOTV vs JNYX後半

オンライン大会優勝を勝ち取ったのは LOTV という結果になりました。優勝したLOTV の5名には、闘会議2015メダルが贈呈されました!

オンライン大会結果

  1. 1位

    LOTV

    Lily of the Valley

  2. 2位

    JNYX

    JNYX

  3. 3位

    EZGM

    ez pz lemon squeezy


e-sports トークセッション

ここで、DetonatioN 代表のLgraN 氏、DetonatioN BYCM所属のDustelBox選手、MBF代表の montar 氏に登壇していただき、e-sportsトークセッションが行われました。トークセッションの模様は以下のタイムシフトでご覧いただけます。
DetonatioN がどのような考え方で、e-sportsを盛り上げていこうとしているのか、その一端が垣間見れるセッションになりました。

タイムシフト>e-sportsトークセッション


エキシビションマッチ午後の部

エキシビションマッチ午後の部では、DetonatioN BYCMがフロント側プレイ席、MBFがバックヤード側プレイ席でプレイ。実況はStanSmith、解説はhanatyanでお送りしました。


フロント側プレイ席 DetonatioN BYCM


バックヤード MBF(Modus of Battlefield)

マップキックにより使用するマップは以下の通りとなりました。

  1. DetonatioN BYCMキック: Golmud Railway
  2. MBFキック: Operation Locker
  3. DetonatioN BYCMキック: Lancang Dam
  4. MBFキック: Zavod 311
  5. DetonatioN BYCM 1マップ目: Siege of Shanghai
  6. MBF 2マップ目: Paracel Storm
  7. 3マップ目: Dawnbreaker

陣営は、午前の部に引き続きコイントスに勝利したMBFが選択。
1マップ目 Siege of Shanghaiの前半戦。陣営はUS側 DetonatioN BYCM、RU側 MBF。初動いきなりDetonatioN BYCMが全拠点を確保する電光石火の展開。
しかし、中盤戦にMBFが調子を取り戻し、理想的なタイミングで裏取りを成功させ、逆にロックダウンをしかける。しかし、DetonatioN BYCMのチケット的な優勢は変わらず、残りチケット一桁で再びMBFがロックダウンを仕掛け怒涛の追い上げを見せるものの、残りチケット53でDetonatioN BYCM勝利で前半戦を折り返しました。
陣営入れ替わって後半戦。初動はやや DetonatioN BYCMが優勢な展開。
MBF残り70チケットとなるまで縺れていた所、DetonatioN BYCMがロックダウンを発生させる。A拠点、B拠点を取った状態でガッチリ固め、終盤を圧倒。102チケットを残して後半戦を制しました。従いまして、このマップの結果は 158 – 0 で DetonatioN BYCMの勝利。

タイムシフト>1マップ目前半
タイムシフト>1マップ目後半

2マップ目Paracel Storm前半戦。陣営はUS側DetonatioN BYCM、RU側MBFでのスタート。初動は、キルでDetonatioN BYCMが圧倒するが、中盤戦でMBFがこのマップの重要ポジションとなる建物を占拠し、チケット数イーブンに持ち込む。しかし、逆にDetonatioN BYCMが建物を取り返すと、これを契機にロックダウンを仕掛け、MBF側のチケットを大きく減らしてリード。MBFもこれに食い下がり、残り1チケットまで諦めない展開。最後拠点の状況を返してくるも全キルされチケット切れ。前半戦は45チケットを残してDetonatioN BYCM勝利。
前半戦は取り逃したものの、後半戦への望みを、持ち前の粘り強さで辛うじて繋いだMBF。後半戦の盛り返しが期待されます。
陣営が入れ替わって開始した後半戦。100チケット台では競っていた試合展開も、徐々にDetonatioN BYCMに傾いてくる。拠点の確保はMBFも負けていないものの、DetonatioN BYCMの的確な状況判断、そして要所要所撃ち合いでMBFの選手がカットされ、多くのチケットを消費する展開が続く。MBF残り70チケットを切った中盤戦以降、ラストスパートをかけるDetonatioN BYCMに押さえ込まれるMBF。終盤止めのロックダウンを発生させ、88チケットを残して後半戦をDetonatioN BYCMが制す。2マップ目も、DetonatioN BYCMが 133 - 0 で勝利という結果になりました。

タイムシフト>2マップ目前半
タイムシフト>2マップ目後半

【午後の部結果】
1マップ目 Siege of Shanghai: DetonatioN BYCM 158 - 0 MBF
2マップ目 Zavod 311: DetonatioN BYCM 133 – 0 MBF


エキシビジョンマッチで勝利を収めた「DetonatioN BYCM」

以上で、大変盛り上がった闘会議2015 e-sportsブースも1日目が終了となりました。
沢山の方に来場いただき、熱い試合を楽しんで頂けたものと考えています。
プロチームとして活動するDetonatioN BYCM、そしてプロを目指すMBF。今後の彼らの活躍に期待したいと思います。GG!

来年の開催が既に発表されている「闘会議」ですが、可能であるならば、再びこの地で両チームの激突が見られることを願いたいと思います。

 

闘会議2015 実況ストリート e-sports ブース1日目タイムシフト試聴は以下より。

タグ: トップニュース MasterClass

EA Japan 公認大会

  ■コミュニティ

 ・League of Legends

 ・StarCraft2

 ・Hearthstone

 ・Overwatch


©2013 Electronic Arts Inc. Battlefield™ and Battlefield 4™ are trademarks of EA Digital Illusions CE AB.
All other trademarks are the property of their respective owners.
※本ゲーム内で描写される武器または乗り物は、実際の製造者との提携、スポンサーシップ、推奨を示唆するものではありません。
© 2013 JCG All Rights Reserved.